不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

【ゾッとする話】「ウチけえへんか?」とおじさんに誘われた話

小学校低学年頃の体験です。
近所の公園で遊んでいると、最近引っ越してきたとかいうやさしいおじさんがよく遊びに来てました。
子供心にみんなおじさんを慕って野球やサッカーをしていたのを憶えています。
顔からして、優しそうなおじさんと言ったタイプで家から持ってきたおかしなどもよく貰っていました。

 

昔は関西の方に住んでいたらしく仕事の関係で引っ越して来たと話していました。
でも子供ながらに、仕事は平日の昼間するものだと分かっています。
でもおじさんは毎日のように公園に来ていました。
すると突然ピタッとおじさんが公園に来なくなったのです。
心配というよりも少しつまらないなと言うのを友達と話していました。

 

ある日学校の帰り道、一件のアパートの前にパトカーが止まっているのを見かけました。
野次馬が出来ており、私も気になってアパートの前に行くと沢山の警官がいました。
野次馬をかき分け手前の方に行ってみると、びっくりあのおじさんが警察の人と一緒に出て来たのです。
普段はやさしいおじさんなのになぜ?
私は何が何だか分かりません。
とにかく事情を知りたくて、近くの大人に「何かあったんですか?」と聞いてみました。
すると、”誘拐”だという事が判明。
どうやらそのおじさんが家に男の子を連れ込んでいた事が通報され、逮捕に至ったようです。
男の子は3日ほど帰って来なく、捜索願いが出されていたそうでした。

 

ここで私の頭にある記憶がよぎりました。
公園から帰る夕方ころ、私が一人になるとおじさんにいつもこんな事を言われてました。

 

「ウチけえへんか?」…って。

あの時、私が誘いに乗っていたら同じ目に逢っていたと思うとゾッとします。

 

 

 


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿