不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

【怖い話】マリー・アントワネットのような服を着た老婆の話。

私が、小学生の時に体験した話です。
私が生まれたのは東京の高円寺で、幼稚園まで、そこに住んでいました。
小学生に入学するとき、父の転勤で、日本海側の某県の町へ引っ越しました。
(種々の事情から、具体的な県名や町の名前は、書きません。)

その町は、江戸時代からの家並みを残していて、細い道が入り組んでいるのです。
私は、父が借りた古い一軒家から、20分の距離にある小学校へ通学しました。
細い道が入り組んでいるので、毎日、「探検だ」として、いろいろな道を歩きました。

そして、その家を見つけたのです。
古い家並みの中でも、とりわけて古く、ボロボロです。
子供心にも、お化け屋敷じゃないか、と思ったものです。
玄関の柱には、大きく『斎藤』という表札があります。
表札といっても、普通の大きさではありません。
よく、時代劇などで、千葉周作剣道場とかの看板がありますが、あのくらいの大きさです。
壊れかけた家に、アンバランスな大きさの表札、それだけで怖いものがありました。
そうではありますが、怖いもの見たさに、その家の前を通るようになったのです。
そのうち、家の中から、尺八の音が聞こえるようになりました。
私は、勝手に想像しました。
つまり、この荒家には、年老いた白髪の剣の達人が住んでいるのだ、と思ったのです。

ところで、学校とは反対方向に、海の見える公園があります。
少し遠いので、行ったことはありませんでした。
でも、ある日、友達と、そこへ行ったのです。
そして、その老婆を見かけたのです。
背は、私たちくらいです(つまり、大人にしては小さすぎる)。
顔は皺だらけ。
服は、マリー・アントアネットが着るような服です。
何ていうのか分かりませんが、あの時代の舞踏会で着るようなものです。
その服を着た老婆が、海を見ながら、笑っているのです。

 

私は愕然としました。
友達が、言いました。
「おまえ、あの婆さんを知らないのか?」
「うん。誰だ?」
「斎藤の婆さんだよ」
あの老婆が、荒家の中に住んでいて、尺八を吹いているのです……。
どういう人なのか、友達は教えてくれませんでした。
彼女のことを話すのは、タブーになっていたようです。

 

今から30年も前の体験です。
小学校5年生の時、長崎へ引っ越しました。
それ以来、あの町には行っていません。


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿