不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

【怖い話】怖い夢ばかり見るという時期が私にはありました

私が怖いなと思ったのは、夢の話です。
私が見る夢は基本的に不思議なものだったり楽しいものだったりで、怖い夢というのはほとんど見ません。
見たとしてもその感覚が残っているくらいで、内容はほとんど覚えていません。
覚えていたとしても、○○さんがいた気がする、○○が出てた気がするという程度のものです。
ですが、一時期に見た夢は怖いものばかりで、しかも内容もかなり頭の中に残っているのです。
一時期といってもせいぜい1週間前後くらいですが、凄くいやな時期でした。
でも、プライベートで何かあったかというと、決してそういうわけではありません。
いつも通りの日常だったと思うのですが、それにも関わらず嫌な夢ばかりでした。
家族がみんな死んでしまって私だけ生き残るとか、車にはねられそうになりながらずっと逃げているとか、

怖そうな人たちに追いかけられてビルの屋上や崖に追い詰められるとか、冷や汗ものばかりでした。
ですが、自分の悲鳴で起きるとか、夜中たびたび目が覚めるということは一切なく、寝たらそのまま朝まで寝ていたのです。
もちろん目覚めは最悪でしたが、睡眠時間はきっちりと摂っているという謎の状況でした。
こんな夢がずっと続くのは嫌だなと思っていたのですが、夢で追いかけられ、一度だけ反抗したことがありました。
確か、何か投げつけていたような気がします。
驚くことに、その翌日から怖い夢は見ないようになりました。
反抗するというのが鍵だったのかと思ってしまいます。


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿