不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

【怖い話】父の友達のMさんが同窓会で一番会いたかった人が・・・

私の父が学生時代の同窓会に集まった時の話です。
父は既に80歳を越えていますので、残念ながら既に亡くなっている人も多くいます。
しかし父と仲良しだったMさんは毎年年賀状もくれていて、同窓会にも出席する予定でした。
ところが同窓会の1週間前、Mさんが亡くなったという連絡が来たのです。
同窓会当日、父が旧友達とMさんの話をしていたところ、一人の同窓生がやってきて言いました。
「Mはどこに行ったの?」父は何の事だか分からずにいました。
ところがその同窓生はMさんが亡くなったことは知らず、しかもさっきMさんを見かけた、というのです。
同窓会会場の前の植え込みの側に経っていたので「M、こっちだよ」と声を掛けたので間違いないということでした。
父は何となく怖くなって友人たちと外を見に行きましたが、Mさんがいる筈はありません。
そしてもう一度会場に入ろうとした時に、会場の受付の女性から「先ほどM様という方をご案内しました」と言われたのです。
さすがに気味悪くなり、父は塩を貰ってその場に巻いたそうです。
よく考えればMさんは皆を懐かしんで同窓会に出席したいと思っていたのですから、恐がる必要はありません。
そして帰り道、父が最寄駅まで一人でタクシーに乗ろうとした時、運転手から声を掛けられました。
「あちらの方はご乗車されないんですか?」
父が慌てて振り向いても誰もいません、運転手も振り向いて「あれ?お二人連れじゃなかったでしたっけ?」と言ったそうです。


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿