不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

【気味が悪い話】近隣地域の土地が売れずにその後に起こった事

私の近隣の地域では、規制緩和により今まで制限を受けていた土地を販売されることが多くなり、

そのために、土地の販売が活発に行われるようになりました。私もその恩恵を受け、今の時に家を建てることができましたし、

日当たりの良い土地を取得することができました。

 

その頃からよく散歩に出ることが多くなり、自分の家のガーデニングの方向性を決めるためにも、

参考になるお宅の庭などもよく見るようになりました。この辺の地域では、 60坪から100坪クラスの家が立ち並び、

まるで住宅展示場のようですし、庭も大変綺麗でした。

 

私の散歩コースは、まだ新しい開発地だったのですが、その場所もとても日当たりが良く、

真四角の土地だったので、使い勝手も良さそうですし、すぐに購入した人で埋まっていきました。

しかし、ある1カ所がとても好条件の土地なのに全く売れない言う状況が続いていました。

 

3棟があるなかの真ん中の1棟だけがぽっかりと空いたままで、こんなに好条件なのに、なぜ売れないのかととても不思議に思っていました。

主人にも、どうしたの土地は売れないのかと相談してみたのですが、そのうちに価格も下げるだろうし簡単に売れるだろうと話していました。

 

そのうちに1年、 2年と月日は過ぎ去り、そのうちに草が生い茂ってきた状態にまでなっていました。

さらに、せっかくの土地なのに砂利を敷いてしまい、これでは転売できないのではないかと考えました。

さらにしばらく経過すると、そこに小さなお社のようなものができて、お供え物もしてありました。

これには本当に驚きました。この土地は売れない理由がさらに気になりましたし、かなり気味悪く感じました。


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿