不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

【股間に男性器挿入?】山口県の実家で恐怖体験した女性の話【夢?不審者?心霊?】

今から数年前、32歳の時の話です。私は山口県の田舎に住んでおり、団体職員として働いていました。

 

 

私は元々霊感なんてものは一切なく、これまでに恐怖体験をしたこともありません。にもかかわらず、自宅で寝ている時に恐怖体験をしたのです。

 

 

震え上がるほど怖かったので、今回はその体験をご紹介します。

 

疲れ切って早く寝た夜に…

当時は実家暮らし。自宅は平屋建てで、みんなカギをかけるという習慣はありません。夏場ともなれば、私の部屋も網戸のままです。

 

 

特にその日は熱帯夜だったこともあり、ベッドではなく床の上で寝ることに。疲れていたので、眠りにつくのは早かったです。

 

 

しかしその1時間後、異変は突然起こりました。

 

急に目が覚めた途端…

眠りについてから1時間後、急に目が覚めた私は、身体を起こさず時計を見ました。

 

 

その瞬間、急に両手首を押さえ付けられる感覚が。何故か手首が重たくなり、床に張り付いたように動かなくなったのです

 

 

当然自分の手首を確認しましたが、何もありません。怖くなって身体を起こそうにも、こちらも動かず…。その状態が約3分くらい続きました。

 

急に目が開かなくなった…

身体が動かなくなった次は、目が開かなくなりました。自分でも全く意味が分かりませんが、瞬きを試みても動かないのです

 

 

真っ暗闇の中で目が開かない、これほど恐怖なことはありません

 

 

しかも手首を押さえ付けられる感覚は続き、身体も動かないまま。私は咄嗟に声を出そうとしましたが、それもできない状態になっており、ただただ震えていました。

 

恐怖の本番はそれからだった・・・

そんな状態がどれほど続いたかわかりません。

 

ただ、冷や汗をかく自分がいました。でも本当の恐怖はそれからだったのです。

 

 

その時私の足はきっちり閉じていたのですが、急に股を開かれたのです。しかも女性器に何かが入ってくる感覚が…

 

 

とは言え、当然下着も身に着けていますし、股間もしっかり力を入れて閉じています。

なのに何だか突き刺さる感覚がするのです。

 

 

時間にすると、どれくらいだったのか分かりませんが、下半身を貫いたのは一瞬であったようにも思います。

 

 

その間も私の身体は全く動かず、ただ床に張り付いているだけ。恐怖はマックスになり、とうとう気を失ってしまいました。

 

実際は約5分間くらいの出来事

気を取り戻したのはそれからすぐのことです。その時には身体を動かせるようになっており、気付けば冷や汗でぐっしょり。息も過呼吸気味です。

 

 

混乱しながら時計を見て、約5分間の出来事だったと知りました。

 

 

同時に自分の着衣を確認するも乱れておらず、誰かが部屋に侵入した形跡もありません。ただ一つだけ…手首に長い髪の毛が巻き付いていたのです

 

 

当時私は髪が短かかったため、自分のものでないのは明確。もしかしたら女性かも?と思っていますが、実際のところは分からないままです。

 

何故こんな恐怖体験が私に?

その後、特に異変もなく普通に暮らしていますが、あの金縛り体験と下半身に挿入してくる感じ、また髪の毛にどんな関係があったのか、今でも分かりません。感覚的に男性器ではないことは確かです。

 

 

ただ一つだけ言えるのは、私にとってとてつもない恐怖体験だったということ。これが今までで一度きりの恐怖体験であり、思い出したくない真夏の夜の話です。

 

 


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿