不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

神奈川県の足柄神社が無人神社でなぜかツイートできなくなった怪談経験

神奈川県にある足柄神社という無人神社に、GW頃行きました。

 

特に目的があったわけではないのですが、友人とドライブをしていてたまたま通りかかったところ「こんな所にも神社があるんだね」と、興味本位で寄ってみただけです。

神社と言っても小さい神社で、神主さんが常駐していない無人神社のようでした。山道の先にあり、登ってみると別の車が停まっていて、別の組の人もいました。

木が鬱蒼としており、日があまり差さなかったためか、私は凄く寒かったのですが、友人にそれを言うと「え? そう?」といった感じでまったく気にしていないようでした。

 

確かに、そのときは天気のいい五月晴れの日だったので、気温も割と高めの日だったのを覚えています。そのため、私は上着を持っていなくて、そこの寒さに上着を持ってくれば良かったと後悔したからです。

あまりの寒さに長いするのも嫌になり、もう少し見ていたいという友人を説き伏せて早々に下山することにしました。

写真が真っ暗

下山する前に、何枚かスマホで写真を撮りました。せっかくきたのだから記念に、と思ったのですが、その内の何枚かは、カメラの調子が悪いのか、画面が真っ暗になってしまい、何も撮れませんでした。

 

アルバムを確認しても、画面が真っ暗になったときの写真は入っていませんでした。

「なんかうまく撮れない」と友人に話したところ、友人のスマホでは普通に写真が撮れていました。

私ももう一度試してみたら、普通に撮れたので、カメラの調子が悪かったのかと、そのときは安心しました。

しかし、その後、下山して昼食を食べにファミレスに入って、そこで確認すると、撮ったはずの写真がアルバムに保存されていませんでした。「え!?」と思い、ほかのフォルダーも確認しましたが、どこにも入っていませんでした。

友人にその話をしたら「ミスして保存しなかったんじゃない?」と言われたのですが、勝手に保存されるようになっているので、そんなことはないと思うのですが…

スマホでツイートができない

もうひとつ不可解なことがありました。
下山するときは、私はあまりに寒くて手がかじかんでいたので、友人に運転を頼みました。

急な坂道を降りる最中、この神社がとても寒かった旨をツイッターに投稿しようとしたところ、何故かできませんでした。

確かに「投稿しました」という文面は出るのですが、ツイッター上に私の呟きが出て来ないのです。

電波はきちんと立っていて、インターネットにも接続できる状態でした。

友人に話したところ、「電波悪いのかもね、時間経ったら投稿されてるかもよ」と言いました。

その友人自身も、下山した後、路肩に止めてツイッターを弄っていましたが、友人のツイートは、私のTL上にちゃんと流れてきました。その際に私も投稿したのですが、友人のTLには流れてこなかったそうです。

その後、上でも言ったように、ファミレスに入ってご飯食べながら改めて投稿したところ、その呟きはきちんとTL上に流れました。

友人は「やっぱ電波の都合でずれてるんじゃない?」と言われ、そのときはそれで納得したのですが、家に帰ってツイッターを覗いてみても、下山途中で私が呟いた内容はまったく更新されていませんでした。

下書きにも入っておらず、そのときの呟きはきれいになくなっていました。

その後、一週間ほど、やけに首元が寒かったり、体が重い日々が続きましたが、気付いたら収まっていました。

小さい神社の神様は、個人個人に相性があると聞いて、相性が悪い人は近づかない方がいいと言われたことがあるのですが、もしかしたら、私にとって足柄神社は相性の悪い神社だったのかもしれない…と思った一日でした。


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿