不思議・怪談・怖いお話の実体験をまとめてお届け。恐怖するためにお立ち寄りください

おかしい…深夜の塾。電気を消したはずなのに。なぜそこに【怪奇現象・怖い話】

沖縄の塾での話です。授業を終え生徒を送り出し、明日の準備などをするとどうしても帰るころには深夜になっています。

その日も帰ろうとする頃には深夜2時をまわっていました。塾には私の他にもう一人ベテランの先生が一人、それ以外は誰もいません。

 

・戸締りをしてまわる
帰る前には必ず最後は窓が閉まっているか、エアコンが消えているかをチェックしながら各教室をまわります。結構広い塾なので、もう一人の先生と手分けしてまわることにしました。私が右から、彼が左から各教室をチェックしていきます。

・電気がついている1教室
各教室には番号がついているのですが、一番奥にある1教室の電気が点いていました。その日の授業では使っていないはずだけれど

・・・と少し不思議に思いましたが、誰かが自習で使って消し忘れたのだろうと思い電気を消しました。

教室は真っ暗になり、私は足元に気を付けながら教室を出ました。

次の教室へ行こうと歩き出したらすぐもう一人の先生とちょうど合流しました。

 

・さっき消したのに・・・。

合流してすぐ彼が私の背後を指さし、「あれ、1教室誰かいるんですか?」と聞きます。

え?と思って振り向くと、先ほど確実に電気を消したはずの1教室の中が明るく光っています。消し忘れた?いや、電気のスイッチを押した感触も覚えているし何より暗い中机にぶつからないように歩いたじゃないか。

 

・今の塾が入る前にあった出来事

「さっき消したはず・・・」という私のつぶやきと表情を見てベテランのその先生は察したようでした。

「またこの教室か・・・」と彼がぽつり。

実はこの1教室、変な現象が跡を絶たないとのこと。聞くと今の塾が入る前はスイミングスクールだったそうで、

男の子が一人溺れて亡くなったことをきっかけに閉鎖されたそうです。

そしてその1教室の真下にはその子を祀った祠が。偶然でしょうか。私はすぐにその塾を辞めました。

 


まだまだスリルが足りない場合に・・・・

今回の話、以上に怖く恐ろしい話を求めている方は断然こちらがおすすめ⇩
全て漫画で解説されているため、また一風変わった怖さを体験できるのが売り!
これを読んだ日には夜中にトイレは危険かも?

オール☆マンガ すぐそばにある! こわ~い話


怖い話の王道も忘れちゃいけない!


怖い話を語らせたら右に出るものはいない!稲川淳二の怖い話を収録した本。
これら全てが実際に起きたというのだから、末恐ろしい・・・。

現実におきた怖い話 稲川淳二の恐レ語

関連記事

最近の投稿